ヤフオクの利用者が激減?売れない理由や業者だらけの噂は本当?

  • URLをコピーしました!
Rate this post

最近ヤフオクの利用者が激減したという噂があります。

実はわたしもヤフオクを最近やめました。

その理由は売れなくなったからです。

今はメルカリだけになりました。

実際はどうなのか調べてみることにしました。

この記事でわかることは、

ヤフオクの利用者が激減?
ヤフオクが売れない理由
ヤフオクをやめた人たちは

このような内容でお届けします。

業者が多いのは本当なのでしょうか。

目次

ヤフオクの利用者が激減?

ずいぶん前からヤフオクを利用してきましたが、ここ何年かは売れなくなってきました。

周りにやっている人も減ってきた気もします。

業者も多くなっていて一般利用者も減ってしまったというようにも見えますね。

あれだけ盛り上がったヤフオクでしたが何が起きているのでしょうか。

ヤフオクとメルカリの違い

ヤフオク!とメルカリの最大の差異は、オークション機能の存在です。

ヤフオク!はオークションに加えて即決価格での出品が可能で、フリーマーケットのように

商品を売ることができます。

一方、メルカリではオークションオプションがないため、この方式で売りたい場合は

ヤフオク!を使う必要があります。

また、両プラットフォームの利用者層には違いがあり、メルカリは若年層と

女性に人気の使いやすいアプリですが、ヤフオク!はより多様なユーザーが利用しています。

今はヤフオクよりメルカリの方が利用者が多くなっているのです。

手数料

メルカリとヤフオクは、商品の販売に際して10%の手数料を徴収します。

ただし、ヤフオクには月額508円のプレミアム会員制度があり、これに加入すると

手数料が8.8%に削減されます。

わたしの場合はあまり売れないのに508円はとられたくないので一度解除しました。

ヤフオクが売れない理由

ヤフオクの売上減少は、メルカリのようなフリマアプリの増加も大きな影響があるようです。

オークション形式ではウォッチがつきにくく、多くの業者が参入しているため、

一般の利用者には魅力が薄れがちです。

また、フリマアプリの方が手軽で直感的に使えるため、特に若年層のユーザーに

支持されています。

これにより、ヤフオクの閲覧数が減少し、商品が売れにくい状況が生まれています。

ほかには、商品の撮影方法や金額、説明などを見直してみると

何か変わる可能性もありますよね。

ヤフオクをやめた人たちは

ヤフオクをやめた人たちはやはり売れ行きに問題があったのかもしれません。

ヤフオクで売れるためにはやはり先ほどのように写真やタイトルなど

すべてを見直してみる必要があります。

どうしても売れない場合はメルカリに出してみて様子をみるといいかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめです!

ヤフオクでハンドメイドは売れるの?30万円以上稼ぐ人がいる?

ヤフオクは落札後のトラブルが多い?警察や裁判沙汰の事例は?

メルカリのハンドメイドがひどいという理由!ゴミ作品の特徴も!

まとめ

ヤフオクの利用者が激減?という内容でお届けしました。

ヤフオクではフリマ形式もありますが利用しませんでした。

個人取引には何かとトラブルがつきものですのでメルカリの場合は間に入ってくれて

処理も早く行ってくれるのでそちらのほうにどうしても傾きます。

ヤフオクはほとんど当事者同士でしかトラブル解決ができないので時間も

かかってしまうことがあるようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次