メルカリ仕入れ先のおすすめアカウント!違法で転売できないって本当?

  • URLをコピーしました!
Rate this post

メルカリでもっと売り上げを伸ばすにはどうすればいいのでしょう。

家にある不用品だけではとてもムリと感じていませんか?

仕入れをして販売するという方法があるようなので

おすすめの仕入れ先を調べてみました。

この記事でわかることは、

メルカリ仕入れ先のおすすめアカウント
転売は違法性はない!
メルカリで仕入れをしている人は

このような内容でお届けします。

仕入れをして販売できるのでしょうか。

目次

メルカリ仕入れ先のおすすめアカウント

メルカリ物販を始めようと思っている、メルカリ物販のための仕入れ先を探しているなど

メルカリ物販においては、さまざまな仕入れ先があります。

国内外のECサイトや実店舗から商品を調達でき、

これらを利用することで物販の選択肢を広げることができます。

おすすめの仕入れ先をいくつか調べてみました。

実店舗での仕入れ

実店舗は、中古ショップやリサイクルショップを含め、仕入れ先の優れた選択肢となります。

商品の実物を確認し、品質を直接チェックできるため、購入前の安心感が得られます。

ただし、移動に伴う時間や労力を考慮し、自分の住所から店舗までの距離や

所要時間を事前に確認することが重要です。

お店で人気なのはセカンドストリートです。

店舗も多いし仕入れとしていく人も多いようですね。

メルカリ以外のフリマアプリ

メルカリ以外のフリマアプリやオークションサイトも、

商品の仕入れ先として役立ちます。

これらのプラットフォームでは、手頃な価格で状態の良い中古品

簡単に見つけることができます。

また、効率的な検索機能が商品探しをサポートします。

仕入れ時には、出品者の評価を注意深く確認することが重要です。

特に評価が低い出品者からは購入を避けるべきです。

メルカリでの仕入れはおすすめできません。

楽天・amazonなどの大手ECサイト

国内の大手ECサイト、Amazonや楽天市場を仕入れ先として活用することも一つの選択肢です。

これらのサイトでは、海外サイトと比較して送料が安く、商品の到着も

早いため効率的に仕入れが行えます。

しかし、価格がやや高めに設定されていることが多いかもしれません。

海外ECサイトと組み合わせて仕入れを行うことで、コストを抑えつつ

商品の多様性を保つ戦略が推奨されます。

AliExpressやeBayなどの海外ECサイト

海外のECサイトのAliExpressやeBayなどは、国内サイトに比べて仕入れ価格が

低く設定されているため、特におすすめです。

これらのサイトは国際的に信頼されており、安心して利用できる点も魅力です。

ただし、海外からの輸入には関税が課される可能性があること、

また配送に時間がかかることがあるため、これらの点を検討して利用する必要があります。

海外サイトを使う際は、これらの利点と注意点を理解しておくことが重要です。

転売は違法性はない!

基本的に転売自体は違法ではありません。

転売とは、「自分が購入した商品を他人に売る行為」を指しています。

また、使わなくなった品を売ることも転売に含まれているようです。

もし転売が違法であれば、日常的に行われる多くの取引が問題視されることになりますが、

そのような事態はありません。

転売は合法的な商行為とされています。

せどりは?

せどりとは、安価に仕入れた商品を高く売って差額を利益とする転売のことを指します

主にインターネット通販やリサイクルショップなどで商品を仕入れ、

その価格差から利益を生み出します。

せどりも違法ではありません。

メルカリで仕入れをしている人は

メルカリでの仕入れから商品を転売する活動は、多くの人にとって有益な収入源となっています。

この方法でかなりの収益を上げている人もいれば、本業として取り組む人もいます。

また、主婦や副業としてこの手法を選ぶ人も多く、手軽に始められる点が魅力です。

メルカリを利用した仕入れは、在宅でできるため時間や場所に縛られることなく、

自分のペースでビジネスを展開できる点も大きな利点とされています。

こちらの記事もご覧ください。

ヤフオクでハンドメイドは売れるの?30万円以上稼ぐ人がいる?

メルカリで一瞬で売れるものリスト!初心者狩りや値下げ交渉に注意!

ウェル活でウザい・やめたの声はなぜ?面倒でレジ時間が長くなる?

まとめ

メルカリ仕入れ先のおすすめについてお届けいたしました。

メルカリを仕入れて販売している人は多くてかなり稼いでいるようですね。

普通にパートにでるよりも主婦の方にはいいかもしれません。

ぜひはじめてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次