ココナラはひどい?イラスト・低評価・めんどくさい客がいる?

  • URLをコピーしました!
4/5 - (1 vote)

ココナラはCMでやっていることでも有名ですよね。

聞いたことがある人も多いと思います。

利用者も多いココナラですがひどいといわれている

理由を調べてみました。

この記事でわかることは、

ココナラとは?
ココナラがひどいと言われる理由
ココナラについてのネットでの噂

このような内容でお届けします。

どんな理由があるのでしょうか。

目次

ココナラとは?

ココナラは、日本最大級のオンラインスキルマーケットであり、会員数は300万人を超えています。

個人が自分の才能やスキルを活用して他者にサービスを提供するプラットフォームです。

ここでは、サービス提供者(売り手)が自分のサービスを出品し、利用者(買い手)が

これを購入するシステムが整っています。

全ての取引はオンラインで行われ、ココナラが取引の仲介と決済をサポートします。

副業や専業としても利用され、個人間取引を促進することで、

手軽にスキルを生かした収入を得ることが可能です。

また、広告やCMを通じてその存在が広く知られるようになりました。

ココナラがひどいと言われる理由

ココナラがひどいと言われている理由はなんなのでしょうか。

手数料が高すぎる?

ココナラはクラウドソーシングサイトの中で最も高い27.5%の手数料を採用しています。

この手数料は販売者だけでなく、購入者にも適用されるため、

購入者は予想よりも高い料金を支払うことになります。

安全な決済機能がない場合、個人間取引はリスクが高いとされています。

また、ココナラの運営に関しては、サービスの質や対応に問題が

あるという声もあり、売上金の没収などのトラブルが報告されています。

このため、有名であってもサービスの使用には慎重さが求められます。

なかなか売れない・稼げない

ココナラでサービスを売ることは即座には難しい場合があります。

これは、同様のサービスを提供する競合が多く存在するためです。

わたしも出品したことがありますが何か月に1回くらいのペースのときも。

特に競争の激しいジャンルや新参者にとっては、初期の売上を伸ばすまでに

時間が必要になることが一般的です。

サービスを目立たせるには、運営に推薦されることが効果的ですが、

新規参入者は評判や実績がなく推薦されにくいため、マーケティングや

自己PRに力を入れる必要があります。

イラストのトラブル

イラストの依頼に関するトラブルは珍しくありません。

依頼者の持つ具体的なイメージと実際に提供されるイラストが異なる場合や、

依頼者が期待していた技術レベルと異なることが原因で不満が生じることがあります。

このような状況を避けるためには、事前に詳細な打ち合わせを行い、

必要ならばスケッチ段階で確認を取るなどの対策が重要です。

明確なコミュニケーションがトラブルを減らす鍵となります。

低評価や悪質ユーザー

ココナラにおいては、悪質なユーザーの存在も確認されています。

これには、競合他社からの故意による悪評の投稿、追加要望で過度なサービスを求める行為

自作自演による高評価などが含まれます。

これらは全ユーザーに共通するわけではありませんが、問題が発生した際は

安全な取引を保つため、評価システムや通報機能を活用し、

運営チームに報告することが推奨されています。

ココナラについてのネットでの噂

ココナラに関するネット上の噂は様々です。

一部の声には、サービスがなかなか売れない、

悪質なユーザーが存在するというものがありますが、実際にはスキルを

持つユーザーがしっかりと収入を得ている例も多くあります。

市場は競争が激しく、特に高いスキルを持つ人が成功しやすい傾向にあります。

ココナラでは、効果的な自己PRと顧客対応が重要であり、

これが収入の差につながることがあります。

トラブルを避けるためには、通報システムや運営のサポートを

利用することが推奨されています。

結局のところ、ココナラでの成功は、提供するスキルの質と

マーケティング能力に大きく依存しています。

こちらの記事もおすすめです!

メルカリ shopsは偽物だらけって本当?メルカリとの違いは?

クラウドワークスがやばいといわれる理由!初心者は稼げない?

Bonusアプリの裏ワザとは?口コミや使い方・上限も調べてみた!

まとめ

今回はココナラについてお届けいたしました。

ココナラは何年も前から出品したままにしています。

特に新しい事やアップデートなしでも何か月に1回は依頼がきます。

たくさん稼ごうとしなければのんびりできるのではないかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次